Uncategorized

bat プログラムって知ってますか(便利な使い方例)

おひさしぶりです!

 

第一シリーズです

 

とりあえず  exe ファイルはみなさんよく知ってますよね

 

そのもっと簡単と呼ばれるプログラムファイルに  bat ファイルっていうのがありまして、

 

これ例えば 

 

1.  windows の コマンドプロンプトで適当に”notepad test.bat”とか作成てして、(これでそのいまいるパスにファイルは作られます)

 

2. それで dir /w をテキストに書いて

 

3. 保存→とじてもいいですよ

 

これでコマンドプロンプト(黒い画面ですね)に戻り

 

“test”と打ち込んで エンター

 

あらふしぎ、作成したバットファイルのテキスト内コマンドが実行されました

 

これ使い方によったらいろいろなことに使えて便利ですよね

 

時間があれば次回から使い方の例を書いていきたいと思います

スポンサーサイト

 

CentOS7にワードプレスをインストールする

root ユーザではなく、開発ユーザを作って、そちらで構築していく

必要場合は su –

ルートパスワードを入れて解決

 

一時フォルダの活用:

wgetなどダウンロード時は、 /tmp フォルダを使用

後で mv で動かしている

 

[php7 をインストール]

1.epel レポジトリ追加

$yum -y install epel-release

2. remi追加

$rpm –import http://rpms.famillecollet.com/RPM-GPG-KEY-remi
$rpmivh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm

 

そうすると以下のディレクトリに設定ファイルが保存されている。

/etc/yum.repos.d

 

3. –enablerepo=epel,remi-php(phpversion=ここでは70)を使ってインストール。

 $yum install –enablerepo=epel,remi-php70 php php-mbstring phppear php-fpm phpmcrypt phpmysql

 

4. pho -v

これでインストールされているphp のバージョン確認。

 

[Nginx のインストール]

yum install –enablerepo=epel nginx

 

[ワードプレスのインストールおよび設定]

mkdir -p /usr/share/ngi

 

[www.conf設定]

(注意:変更する前にオリジナルファイルは置いておく人は下のようにコピーを保存)

$cp -p www.conf www.conf.org

 

php-fpm の設定変更(初期設定だとapacheになっている)

nginxと連携されるには変更が必要。

(rootユーザじゃないと変更できないかも)

cd /etc/php-fpm.d/

vi www.conf

 

user と group を apache → nginx

/wq で保存。

 

 

ワードプレスをダウンロード

パス: /var/www

 

 

 

 

php7をインストールする(centOS7)

CentOS7にphp7をインストールするとき

 

まずこれしますよね

epel と remi  の最新レポジトリのrpm

 

そのあとにyum使ってインストールすると思うのですが、コードに注意したほうがいいです。

じぶんこんなとこでつまづきました。

 

yum install –enablerepo=remi-php70 +++++++

とまあこんな感じです。

enablerepoしないとだめですし

=のあとはremi-php70 or いまだとおそらく71もいける(調べてね)

これでphp7がインストールできる

ここおかしくてもphpインストールできるけど

標準のphp5が現時点ではインストールとしてダウンロードされてしまうので。

 

ではでは。

sshログインできなくなったときに試すこと

かりてるサーバーにある日ssh接続しようとしたらできなくなってました。

 

そのときにサーバーに直接コンソールたててログインして他のブログで書かれていた、

 

known_hostのファイル探しにいったのですが、/root下、そんなファイルありませんした。

 

そしてもちろんこれはローカルの接続しているPC側にも作られているので、

USER/ssh/下の known_hostをみにいき、viでひらくと、そこに値が入ってました・・

 

すべて”dd”で消しまくりまして、wqで保存して閉じて、

 

再度 ssh [user]@ip address して接続すると、なにか yes/no は聞かれたものの、

 

yes を選ぶと無事接続できました!

 

ちゃんちゃん

パソコンの情報をみたい

どうもご無沙汰してます

 

お手持ちのパソコンの情報がみたいときありませんか?

 

オペレーティングシステム

 

コンピュータ名

 

プロセッサ

 

ディスプレイ情報 

 

などなど。。

 

そんなときはこれが便利です。

 

「スタート」メニュー>「ファイル名を指定して実行」そこに「dxdiag」と入力してエンターを押すだけ。

 

windows10の場合

スタートメニューはキーボードでウィンドウズマークが書いてあるボタンを押します

 

ここに入力して検索って欄で「dxdiag」と入れて、

表示されるプログラムを実行してください

 

ちゃんちゃん。。(こ、こうだったかな・・・)

Google Spreadsheet / 写真の挿入

今回は Google Spreadsheetでの写真の挿入。

 

写真をCtr+C とかで(Windowだと)コピーして、

貼り付けしようとしてもできない

 

メニューから「挿入」→写真 というようにきちんと手順を踏む必要があったので

今回書くことにした

 

普段からそういう部分のエクセルの便利さに慣れてると一瞬あれ?となるので

その場合は上記の手順をふんでください

 

ちなみに挿入した写真の移動などは 写真右上に表示される ▽マークをクリックを押し下げたまま、ドラックして移動してください

これもじぶんは一瞬あれ?となったのでお試しあれ。

 

ではでは^^

 

エクセル 関数が自動で計算されなくなった場合の対処法

これ自分もマクロのシート保存したときに、自動で計算されなくなりました。

 

そのときにこれを試すと自動計算され直すかもしれません。

 

ファイル>オプション

サイドバーにある「数式」を選びます。

「計算方法の設定」で

「手動」になっていると→「自動」にチェックを入れなおします。

 

これでなおるかもしれません。

ちゃんちゃん

 

conoha VPS サーバー / サーバー再構築

はじめてログインしてサーバーの構築すると、

とりあえず、Yes -yes -Yes なので、centOS で作られたので、

 

いろいろ情報をさがすと、conohaの wordpressアプリケーションイメージというのがあって、

それ使うと簡単そうなので、「サーバー再構築」を試してみる。

 

1. まずサーバーをシャットダウンします。(コントロールパネルからできます)

 

2. 再度立ち上げたいOSを選択して確定。

※ここでプランの変更などは聞かれませんでした。

 

ようは同じプランの条件の元、OSだけ(またはアプリケーションテンプレへ)変更することなのでしょう。

 

こんな感じです。

再構築後はコントロールパネルから起動して普通に動いています。

conoha の vps サーバー

 conoha の vps サーバーの SSDの一番やすいプランに入りましたので、その触りでつまづいた部分を記載。

 

1. サーバーを停止していると料金はかからないのか。

かかる。契約料金分の利用になる。(この記事記載時点)

 

そういえばむかしAWSインスタンス止めてたらかからないとか

あったようなないような。※自己責任で確認お願いします。

 

2. コンソールの立ち上げ

コントロールパネル>サーバー>表示されてるネームタグクリック

 

そのあとは「コンソール」をおせば開く。

log-in は何も設定してなければ、「root」で

パスワードは申し込みのときに設定したrootパスワードでおっけーー