後悔しない会社のやめかた【いつでもやめていい】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

いま会社やめたらキャリアにきずがつきそうとか、異業種への転職を考えてるけどうまくいくかわからない。
在籍中に次の仕事を見つけようとしたけど、時間がないので、一旦やめてゆっくり仕事をさがしたい。
わたしも過去に会社を4回やめましたし、職種も何度か変わりました。
そして今度5回目の会社をやめるがもうすぐきそうです。どうすれば後悔しないのか書いてみます。

スポンサードサイト



後悔してもやりなおせる

最初に後悔しないようなやめかたと書いておいて、あなたは何を言ってるんだと思います。
ただまぎれもない事実だと思うので、あえて言わせてもらうと人生はやり直せます。
何も一本道で最短でうまくいくのが人生ではありません。
ある程度年が行ってくるといろんな人を見て、いろんな人の人生を辿り、その意味がわかってくると思います。
人間はいろいろあるからこそ、先のことなんてわかりません。
なにかあっても、いつでもやり直せます。
未来は楽しみにしておきましょう。

会社やめる=転職じゃなくてもいい

転職しないといけないということはありません。

海外では、仕事を一旦やめて、また学校に通い始めたり、長期の旅行に行ったりします。
私はアメリカに留学してたので、一旦仕事を休み、嫁と世界中を旅行している人を見たことがあります。
会社をやめたあとはあまり日があかないほうがいいとか、いろいろ聞くのですが、わたしの経験からいうとあまり関係ありません。
たとえ会社をやめている間もまたひとつの人生です。
どうせなら楽しんだほうがいいです。
そのためにはやめたときにしばらくゆっくりするための貯金を現役中にしておくのもいいかもしれません
わたしは趣味でいろいろしており、1年ほど働かなくても暮らしていけます。

やりたいことをやろう

やりたいことをやればいいです。
会社をやめるというのは結構な決断です。
ただ最近よく言われている鬱病とかになる前にはやめることをおすすめします。
わたしの新卒で入社した会社の同期も鬱病になって、すごい優秀だったのですが、その後は回復まで苦労します。
なのでその前にやめる決断力はかなり良いことだと思います。

そしてあなたがやりたいことをやるのが一番です。
それがお金にならないとか、一旦わすれたほうがいいです。
あなたがやりたいことっていうのは、

人にはなす

あなたが思うより世間とか身の回りの大人の人たちは懐っが大きいです。
わたしは当然完ぺきではないですが、いいひとのほうが多いと思っています。
あなたのやりたいことを話すといいです。
話すことによって、そのとき具体的にじぶんで考えられてないなと思えれば、そこでまたブラシュアップするための経験にもなります。
人に話したり、ブログを書いたり、アウトプットをしていかないとひとは中々学べないし、前にも進めないものです。

家族になれると思える仕事を選ぶ

極端な書き方になりました。
ただ仕事はとても長い時間を共にします。
その時間はどうしても、仕事とわりきれないことも沢山あるものです。
いま仕事をやめたいと思っている人は、このブログを読んでいて、そう感じてる部分もあるかと思います。

いいたいことはわかります。
どうして朝の営業会議を毎日しないといけないのか。
なぜ清掃を勤務時間外に早くきてみんなでやらないといけないのか。
海外ではこんなことないじゃないかな??
たしかに自分の知る限りたしかに海外ではじぶんの職務領域にすごい敏感でそれ以外の仕事をさせられるというのはルール違反的な受け取りかたをされます。
そういうことであれば、海外で働けばいいじゃないか。
でもそう簡単にいかないですよね。
ざっくばらんに話すとわたしは若い時にアメリカに留学して、海外駐在も経験したので、とくに海外ではたらくという選択肢もありといえばありです。
ただ英語がしんぱいな方にはおすすめできません。
なので、日本で働く限り、家族とおもえるような付き合いができる環境を選ぶといいです。

だめだったらまたやめればいい

そんなことをしたら根性がないといわれる、無責任といわれる。
無視してかまいません。
あなたが精神的に壊れてしまってもそのような言葉を投げかけてくる人たちは助けてくれません。
あなたが一番あなた自身を大事にしましょう。
たとえまた就職するにしても、合わないと思えばまたやめればいいです。
すぐにやめてしまえばいいです。

まとめ

・まずゆっくりする。(焦らない)
・人とはなす(アウトプット)
・家族になれる仕事を選ぶ(また就職するのであれば)
・だめだったらまたやめればいい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。