グーグルスプレッドシートで共有した相手が変更できない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

仕事でグーグルスプレッドシートやグーグルドキュメントを使うことが多くなった今日この頃だと思います。

グループのメンバーで共有したり、同時に編集したりするのに便利ですよね。

特にブラウザですぐに開けて編集できる点は、他のアプリを探さなくても良いの使い勝手がよくて気に入っています。

さて、これらのグーグルアプリ(以下こう呼びます)で共有するときに、共有の相手が編集できないといわれたことはありませんか?

その問題の解決方法を書いていきたいと思います。

スポンサードサイト



共有リンクの送信+ユーザー登録(相手のメールアドレス)する

まずこのグーグルアプリは共有リンクで相手にURLを送れるのですが、これでリンクを受け取った相手はリンクをクリックすると、ブラウザーでその送ったサイトを見れるのですが、変更はできません。

この部分に相手先のgmailアドレスを入れてください(※メールアドレスは複数入れることもできます)

共同編集グループには基本URL共有時に、または後にでも、相手先のgmailアドレスを登録しておこう

共有ボタンを押したあとに、よくやりがちなのが、右上の共有可能なリンクを取得ボタンを押して、
そこで表示される共有リンクのURLだけ送ってしまうこと。

ここがすこしややこしいです。
このままではリンクを送られてきた相手は編集できません。

この真ん中にあるボックスの「ユーザー」項目に相手の”gmailアドレス”を入れて完了ボタンを押すと相手に自動的に追加された通知が送られます。

すると、相手が編集できるようになります。

通知が届いた仕事が速い人だとすぐに編集を始めたりするのが、見えておもしろいですよ。

グーグルのアプリは無料ですし、いろいろと便利なのでうまく使えればよいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。