転職活動はスピードが大事な理由【まず登録だけでもしておく】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

いざ転職したいと思ったときに、早めに動いていたほうが有利です。
企業も求職者の全員と面談できるわけではありません。
今後人材の流動性も高まってくると思われるので、転職活動は早めが良い理由を書きます。

募集企業と出会える率を増やす

あなたを知ってもらうことからもちろん始まります。
いまのプロジェクトはおもしろいですが、次のプロジェクトはわからない。
次は地雷かもしれないし、保険のために転職エージェントに登録しておこうか。
または、
特にいまの会社は気に入っているが、市場価値を知っておきたいので、登録だけでもしておくか。
理由はなんでもいいです。
転職活動において早めの行動が吉にでるので、スムーズな転職活動になるように実体験を元に書いていきます。

以前こちらの記事でも、会社のやめ方【いつでもやめていい】についても書いているので合わせて参考にしてみてください。

エージェントにまずは登録する

思い立ったらすぐ行動です。
いまではネットで登録できるので、転職とかのキーワードで沢山でてきます。
さいきんは昔よりも、登録が楽になってます。
この情報は1から10まで入れないとエントリーできませんとか、そういうのないです。
登録後のサポートの面でもエージェントからこのフォーマットを使ってくださいとかうるさいことを言われることもすごい少なくなったと感じます。
最終的には登録情報の質をあげていけばいいですし、面談をする場合など、担当のサポートもありますし、登録情報の質は自然と上がります。

大手のエージェントと中小のエージェントを混ぜてつかう

これ結構みなさんやりません。
大手でいうと、よくご存知だと思うのですが、中小で転職エージェントをされているところがあります。
コンサル業界で、人事をされていた方が独立して、人材のエージェントをされている場合など。
中小のエージェントは差別化もしておりまして専門分野に特化と、履歴書を送って終わりというわけではなく、相手のニーズをよく聞いてマッチングしようとします。
おどろくほどに書類通過の確率が高く、面接もいい感じのスタートをきれている印象があります。
大手は求人の幅がもちろん広いので、マーケットの動向を知る上で使えますし、面接サポートや職務経歴書の添削などもしてくれアドバイスをくれるところも多いので、登録しておいて損はないと思います。
大手のエージェントと中小のエージェントをうまく使うことで他の転職活動をしている人と差別化できます。

志望動機は応募ごとにつけること

テンプレはNGです。
わたしは以前会社で、履歴書などの応募のスクリーニングをしていたことがあります。
そのときにやはり多くの志望動機を読んでいると、テンプレの使い回しはすぐにわかります。
もう開いたすぐに、わかります笑
そうすると、多くの中のひとりになります。
やりたいことが明確にあり、それが企業とマッチしているので、興味がありますという内容でまずいいと思うのですが、それを満たしている志望動機は結構少なかったりします。
スクリーニングする担当者、面接官によると思うのですが、基本自分のスタイルを示すためにも、書いておいた方が良いです。
じぶんのやりたいことも明確になりますし、なによりスタイルがマッチしてないのに、面接によばれて向こうもやる気になってる場合お互いに時間の無駄にもなります。

まとめ

とりあえずエージェントに登録しておく(なるはやで)
大手のエージェントだけでなく、中小のフリー動いているようなエージェントもうまく使う(差別化)
志望動機はじぶんのためにも応募企業ごとに書いたほうがおすすめ(やりたいことを明確にするのが第一優先)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。