エアコン取り付け費用のマンションで掛かる金額【引越し】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

新しいマンションへの引越しのときに合わせてエアコン取り付けを引越し業者へお願いしました。その際に支払した費用とその見積の話です。エアコンの取り付けサービスのオプションで明確でない追加料金を支払うことになりましたので、平均など知らない素人から見た追加費用の問題点を実体験から書きました。

スポンサードサイト



ビジネスはいろんな形で個人に請求しますが、直前になっていろいろ請求するのは事前説明する人にも責任があると思うというのが私のベースの考えです。

オプション料金として別途かかります。という文言はよく見るのですが、素人には実際にサービスを使ってみないとわからないというのが正直なところです。
追加で費用はかかるのか?掛かるとしたらどれくらい費用がかかるのか?
普通の人なら平均価格なんてまず知らないですよね。
そのような疑問をこのブログで解決できれば良いと思い実体験から書いてみます。

問題点

マンション取り付け費用の平均は知らない。(そもそもはじめて)
引越しを依頼した大元の業者にはエアコン取り付けは別の会社に業務委託しますと言われた。この時点で直接交渉などの話しができない。
当日その業者に来てもらったのはいいのが、取り付け時に直前でオプションをいろいろ請求され、払わないと最後まで取り付けできないといわれる。
結局そのエアコン取り付けに支払った費用は最初に同意した金額の1.5倍以上になった。
引越しの話になると数万円単位での費用が当たり前のように話されて一瞬なにそれとなりました。。(その場で現金で支払うように言われたので、手持ちがないと大変)

以上をいとも簡単に最後まで取り付けできないのでと請求されるので中々のビジネスだと思い、ビジネスとしては稼ぎやすくて都合がよいのかもしれませんが、払う方は個人ですし金額負担も大きいので一瞬不意打ちを喰らった気分でした。

☆詳細な経緯☆

事前に大元の大手の引っ越し会社にエアコンはの取り付け取り外しは2万円で別会社にお願いしますという話があり、2万円の支払に同意する。
いざ、引っ越しが始まり、エアコン取り外しが無事終わりました。
そして、新居のほうで取り付けが行われました。
そのときに、ホースの長さが足りませんと言われ、プラスの12000円程度上乗せになりました。
もちろんこの時点で払えないと、取り付けは保留になり、完了になりません。
エアコンの会社からは、当たり前のように言われるのですが、2万円で同意していた工事にいろいろ消費税とかいれると最終的に4万円になりました。

追加費用見積内訳

コンセント200Vから100Vへの工事:6000円
ホース延長: 12000円(1mあたりで相場があるらしい)

こんな感じになりました。
取り付けが完了しないと困るので、結果支払いました15000円+税金。
ホースが短くて済んだらしいので、すこし安く済みました。
相場はその金額なんですか?と聞いて、工事に来られてるエンジニアの方からそうですという言葉がほしかったので、相場がそうであればわたしもビジネスをしてきたので、了承してお願いしました。
ただ信頼関係がとても大事で、金額を請求してくる人がいれば、直接おはなしするのは必要だと思いました。
直接はなすことで、じぶんも納得がいきます。

引っ越しにかかわるビジネスはお金がある人を前提にしているということ

こういうことだと思います。
引っ越しするお金があり、家具を買い替えたりするお金があり、だから請求できるということです。
ビジネスモデルと見た時に、とれる層のひとからしっかりと請求して、サービスを提供してお金をとれるのでいいビジネスだと思います。
請求されるほうはびっくりしますけど 笑
なにはともあれ、見積りで同意していた金額がオプション料金で倍の金額になるので。

まとめ

引っ越しや新しい環境でいろいろするのに、すごいお金がかかります。
わたしはこの5年間に4回引っ越ししているのですが、その費用も家具の買い替えとか、国内海外からの移動を入れると、掛かる費用も労力も馬鹿になりません。
今回はエアコンの取り付け費用を例に、巷にあふれている「事前に説明しないビジネスモデル」について書いてみようと思いました。
全然ディスってないですよ 笑
実際、工事してくれたエンジニアの方にはありがとうございましたって感謝してますし。
ただ別会社なのでって渡された大元の引っ越し業者が、事前にいろいろ下請け業者に連絡させないで、オプション料金の説明が直前になるというとてもおもしろい事案がありましたので、書いてみました。
お役に立ちましたら幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。