conohaVPSのサーバーにFTPツールのFilezillaで接続する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

WordPressでFunctionファイル等変更したいときありますよね。
外観からとんでいっても、ファイルを保存するボタンがない。。そんなときはFTPツールで変更更新します。conohaVPSのサーバーにFTPツールのFilezillaで接続する方法を書きます。

環境を用意して手順通りにすれば大丈夫です

用意するもの

(環境)
Filezillaをインストール済み
conohaVPSのPW

やることリスト(順番に)

1.まずConohaVPSのアカウントにログインします。

2. セキュリティ>SSH を開きます

3. 次にパブリックキーを作成します(ダウンロードします)

4. Filezillaを開きます

5. 編集>設定 のSFTPでダウンロードした秘密鍵をアップロードします

6. サイトマネージャで「SFTP]プロトコルを選び、ユーザとログインパスワードを登録します。

これで次回からホストからブログの名前を選ぶと、自動で接続してくれるようになりました。

便利ですよね。

あと私はちがうパソコンからSFTP接続していたので、conohaVPSのsshで登録されていたパブリックキーを一度削除して、再度作り直したら、「一度だけダウンロードできます」というメッセージとともに秘密鍵をダウンロードできました。もしうまくいかない場合は参考にしてみてください。

S

FTP接続後のWordpressファイルの場所はここにあります

一番上まで移動しましょう

Filezillaで表示されている「..」大体一番上に表示されてます。
この「..」ファイルをクリックします。
すると一段上のファイル階層に移動します。

wordpressファイルが置かれているところまで移動します。

ファイルパス: ./www/html/の配下にファイルがあります。

FTPツールを使う前にバックアップはとっておきましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。