20代の人がキャリアに迷ったとき【やりたいことがなくても大丈夫】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

将来について漠然と目標が見えない。
不安を起こす原因は「あなたが現状をかえれないという思い込み」です。
現状をかえるのはあなたで、しかも簡単です。
その方法を書きます。

スポンサードサイト



世界とか社会とかあなたが思うよりずっと懐がふかいです

簡単に考えればいいです。
あなたの人生はあなたのものですし、今日行動するのも明日行動するのも来年行動するのも同じです。
もう決断しているのであれば早く動いたほうがいいです。
悶々とした毎日をすごすなんてもったいないです。
わたしも一斉就職の波に乗って、会社に入社して働き始めたのですが、一旦会社をとびだすと「なんだ、あっけないくらいなにもかわらない」と思いました。
会社に行かないといけないとか、キャリアにブランクができたら働けないとか、そんな心配はいらないと思います。
前回いつでも会社をやめていいということを書いたので参考にしてください。

いったん撤退する場所をきめておく

わたしも10年以上の社会人経験の中で、こんなにもふつうに優秀な人たちがこわれてしまうのかと思うくらい見てきました。
そしていまの現状をかえるのに、実家がある人は家族のもとに一旦撤退するのもありだと思います。
家族は頼ってなんぼですよ。(笑)
その次は友人を頼る。
でも、どうして頼ったのか正直に説明しましょう。
正直に話すことでつながりが強くなります。
人と一歩深くつながれる良いチャンスです。

(あと思い込みが強い人とか、事実を優先させずに発言するような人とはこちらから距離をおきましょう。)
わたし戦争映画をよく見るのですが、撤退先はかならず決めてあります。
たたかうのには、戦略的な撤退先はかならず必要です。
普段からなんとなくでもいいので、撤退先をまずは作るもしくは決めておきましょう。

思い立ったらすぐ行動しましょう

実はわたしもいまでこそこのブログを書けるようになりましたが、毎日終電に帰るのが日常の毎日に疲れて、人より少しいいオフィス、同年代よりも少し高い給与にひかれて現状を変えれなかったひとりでした。
私は海外旅行が好きで、独身のときは友人とふらっと海外旅行によく行ってました。
アジアの国で、現地のビールを飲みながら、サラッと背中に吹き抜ける夜風がきもちよくて、こんな人生もいいなと思いました。
→わたしは日本に帰国して、すぐに会社をやめて、旅行に行きました。すぐにです。
淡々とこんなのもらっていいの?と聞く東京にいる友人に家具をあげて、引越し作業も終わらしてきました。
1回や2回じゃないので、わたしはもう社会人になってから5回以上ベットを買っています。(笑)
どうして思いたったらすぐ行動なのかを書いてみますが、そのときに感じた感覚とか、思いというのは賞味期限があると思っています。
それから5年、10年過ぎて、同じ場所に行ってもおなじ経験はできないことがあります。
「あーこれこれ」っていいたいのに、なにか違うんですよね。。
だからサイコーと思うならいま行動してください。
それが私からの肌で感じたアドバイスです。
その時にあなたに神様が与えてくれたサイコーのチャンスがあるのかもしれません。

経済的な自由を確保しましょう

普段からいつでも飛び出せるように「とびだし貯金」をしましょう。
生活費の2割でも3割でもいいです。
お金はほとんどの自由を約束してくれます。
いまではいろんな人がブログで副業で稼ぐ方法とか、資産運用方法とか書いてくれています。
時間があるときに目を通しておくとあなたの強い味方になります。
わたしもいろんな投資を試しましたし、結果的に将来について安心感が増えましたし、やりたいことも増えましたし、投資している過程で普段出会わないような優秀なひとたちと出会えるような機会もできました。
それは人生が何段階もゲームルールを無視してワープしているような感覚です。
時間も場所もしばられないので、おすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。