普通の人がコツコツ投資できない理由【目の前のお金の価値が高い】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

投資で成功している人は、とりあえずコツコツ投資しろといいます。
誰もがそういう投資をできるわけではないです。
コツコツ投資できない理由について書きます。

スポンサードサイト



いつかは〇〇ショックが来ると思っている

2008年のリーマンショックなど、投資をしている人だけでなく、世界的に不況になり、不動産価格も底を打ちました。
この時の恐怖が大きいのかもしれません。
しかし、どれくらいいまの株価から下がるのかとか具体的に調べたことって意外となくないですか?
このときにどの株がどれくらい下がったのか調べてみると恐怖がやわらぐかもしれません。
例えば、この株はすごい優良株で、大手で、キャッシュも潤沢にあって、ビジネスリスクも少なそうな株でも3分の1まで落ちたとか。
ただし次の景気の波では(たとえばアベノミクス)ここまで戻したとか調べてみると案外待てばなんとかなるかもしれないと思えるかもしれません。
ちいさい頃にこわい話を聞くのがいやなときってありますよね。
それで少し耳にすると逃げます。
ただ逃げるとその先がわからないし、ほんとうはどんな話だったのか想像ばかりがふくらみ、余計にこわさが増していくものです。
それと同じで、知ることでこわさの先にある覚悟みたいなものを得られるかもしれません。
(余裕資金でやるのには越したことがないのはほんとそうです。必要生活費には触らないようにします)

現物で買っていなくて信用で買っている

案外こういう人は一部の熱狂的な人を含めて少ないとは思っていますが、信用取引でレバレッジかけてポジションを持っていると、地合いが大幅にわるくなると決済されてしまいます。
維持率の関係上仕方がないルールですし、資産を守る上でも熱狂的な一部の人には必要なことでしょう。
現物で買っていると、維持率を保てなくて強制決済ということはないので、配当をもらいながら、または株主優待をもらいながらゆっくりしとくのもありです。
ただ精神的には資産が削られていくので、せめてもの高配当株というのは毎年もらい続ければ損も減らせるのではないかとう安心感があります。

目の前の機会にお金を払ったほうが人生が充実する

これはわたしは素晴らしいことだと思います。
結果お金が貯まらなくてもあなたがその時に最高と思うことにお金を払えるほどしあわせなことはありません。
年は関係ないと思うのですが、どうしても若い時に経験をたくさんつんでいる方が後の人生にリターンを受けやすいと思います。
そういう意味でどんどん良い機会に投資していけばいいと思います。
金融商品を買うだけが投資だけではないですし、そのリターンというのは間接的に、直接的にいつか金融資産として返ってくるかもしれません。
わたしは賛成してます。
ただコツコツ投資と考えた場合に、コツコツ投資が地味に見えすぎますね。(笑)
仕方がないことなのですが、自動的に給料から引かれるなどのシステムを作っておくと気分の波を関係なくコツコツ投資を続けられるのでおすすめではあります。

まとめ

先の恐怖はできる限り数値として事実を見ておく(恐怖は知ることで緩和される)
現物で買うと信用よりも安心感がある。
コツコツ投資を続けたい場合は自動で天引きで積み立てられるシステムを使うのもあり。

以上、わたしも自動積み立てはしたことはありますし、上記のこ経験はすべてしています。
資産が大きくないとなかなか認めてもらえない雰囲気の投資界隈ですが、じぶんのペースでいいと思います。
楽しく投資しましょう。(※ただし投資は自己責任でしましょう)

スポンサードサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。