Google Apps Script / 起動から使うまで

この記事は 2017/3/16 時点での記事です。

 

WEBでは、いろんな情報が交錯してますよね。

 

わたしが本日ぐぐっても少しちがうやり方がでてきたりしました。

 

なので、わたしのこのやり方でやりましたブログになるので、ひとつのやり方としてご参考にしていただければと思います。

 

1)Google Spreadsheet を開きます

 ex) 作成 > スプレッドシート

 

2)ツール > スクリプトエディタ

 

Google Apps Script が開きます。

 

 

 

 

Powershell / 留意しておくこと

VBA でキックしてPowershell 動かしてエクセルにデータ書きこんだりする人もいると思います。

 

そのときにPowershellを自分でさわり始めてまず基本的なところでこけたので、かるく留意事項を以下に記載します。

 

|  .ps1 ファイルはダブルクリックで実行できない

 > ‘powershell‘ コマンドで呼び出す

 

| カレントフォルダーを認識しない

 >実行ファイルまでは絶対パスでかく

 

|  実行ポリシーを設定する

>実行ポリシー設定しないでpowershellスクリプト実行しようしても、

 get-help set-executionPolicyをみよとか言われる。

 

Google Spreadsheet / 関数リストの確認方法

 Google Spreadsheet使ってて「この関数の使い方を知りたい」とかそういうことありますよね。

そのときにググってもなかなか見つかりませんでした。

 

簡単な見つけ方を以下に記載します。

ツールバーから「関数マーク」をクリックして、その他の関数をクリックするだけ。

 

これだけです。

ブラウザで関数リストが表示されます。

 

写真いれたかったのですが、入れ方よくわからなかったので入れてませんw

 

 

 

 

 

 

Google Spreadsheet / 条件付き書式設定 /2 /

Google Spreadsheet で条件付き書式設定をしたい場合

1)ツールバーの「表示形式」をクリック

2)プルダウンリストのなかの「条件付き書式」をクリック

3)右側に条件付き書式設定ルールが表示される

4)新しい条件を追加 をクリックする

 

これで作っていく。

設定はセルに関数を書いていくというよりも、

ボックスで条件を選らんでいくかんじ。

以上。

また書きます。

Google Analytics/ フィルタリング設定

次はフィルタリングです。

1)グーグルアナリティクスにログインして

2)左のサイドメニュバーから「管理」をクリック

3) プロパティ配下の「トラッキング情報」をクリック(プルダウンがひらく)

4)「オーガニック検索ソース」をクリックする

5)”検索エンジン追加”ボタンをおす

 

これで検索エンジンを追加できる。

 

Google Spreadsheet / Google Analyticsのアドオンを使ってみると /2

前回の続きです。

使ってみるとをざっくり説明します。

 

まずポイントは、以下です。

1)Google Spreadsheet にアドオンを使用してデータを落とします。

2)落としてデータを元に更にアドオンでデータ結果を表示させます。

3)表示させた結果をピボットデータします。

 

Dimentionという絞り込み検索でいろいろできたり、

そこから降順にしたり総計順に並び替えたりなど、

まあいろいろできますということです。

 

感想はたしかにデータを絞り込んで落とし込んでみるとわかりやすかも。

ちゃんちゃん。

 

Google Spreadsheet / Google Analyticsのアドオンを使ってみると /1

なんかGoogle 三昧って感じですね。

Google analytics のことをよく知っている人にはあまり読む人はとばしてください。

 

どういうことかといいますと、

Google Spreadsheetを開いて、そこから追加したアドオンからGoogle Analyticsを使ってみようことです。

 

Google Spreadsheetを開くまでは大丈夫ですよね。

なので、そのアドオンですが、Google Analyticsという(そのまま??w)アドオンがあります。

 

それをアドオン追加して、Google Spreadsheetで動かします。

 

次回はその具体的な方法です。

(でもそこまで具体的じゃないかもw)

Google Spreadsheet / 条件付き書式設定がうごかない

表題そのままです

 

実はいまガントチャートつくっていまして、

 

土、日曜日に条件付き書式設定をしようとおもうんですが

 

どうもうまくいきません。

 

ググってみても、そのサイトの通りにしてもうまくいきません

 

それはなぜか使っていたWeekday関数の()の中はdateなので、

曜日を見にいっても機能しませんでした。

 

日付を参照すると、正しく指定範囲ないのセルで条件付き書式設定が

 

うまくいきました。

 

ちゃんちゃん。(このおわりかた。。定着感。。)

Google Spreadsheet / 関数入れても結果が英語で入ってしまう場合(曜日とか)

TEXT関数とか便利ですよね。

 

そのような関数を使った場合に、、例えば曜日を出力しても、結果がWednesdayなど英語表記で表示されてしまう。

 

その場合、(使い始めに多いのですが、、)Google SpreadSheetの設定の”Locale”が

“America”とかになっているはずです。

Localeの設定を”Japan”に設定して、saveすると直ります。

 

ちゃんちゃん。

Google Spreadsheet 連番ができない/2

前回のシリーズ1(そんなたいそうだったっけ・・)

につづいてシリーズ2です。

 

実は続きがありました・・・

またできなくなったのです。

 

そして、ま・た・シンプルな方法で解決しました。

Google Spreadsheetは本日さわった時点ではwindowsのキーボードで全角で数字で入れてEnterをおすと、そのまま全角でセルに登録してしまいます。

 

エクセルでは、記憶の限り、数字のみの入力の場合、Enterをおした段階でNumberとして記録されるものだったと思います。

 

ここ気をつけたほうがいいです。

1)半角で数値が入っていることを確認する。

2)必要であればフォーマットでNumberと設定する。

 

ちゃんちゃん。